投稿

GOOGLEに関する?「SEOの相互リンク募集」についてご説明します・・・

いろいろな方法に私もチャレンジしてるのですが失敗もございましたよ。(大量だったり…) 最近のGOOGLEのSEOで気づいたことは、上位であるその他のサイトへの相互リンク募集という方法もありますが…それがあまり評価されない可能性大です。  募集していること(ページの設置自体)でご自身のサイトがマイナスになってしまうケースもありますから注意して下さい。。 こちらではGOOGLEに関する「 SEOの? 相互リンク募集 」についてご説明します。(内容については個人的意見ですのでご注意下さい) 最初に、GOOGLEの評価のやり方では最初に‘関連性’が重要です。つまり、関連する内容のサイト同士だと評価が上がる。(こちらは相性みたいなものです) そしてそれぞれのページ内容の評価! その他にも考えさせられる要素がたくさんある。 やはり難易度が高いですから、単純な対策でサイト全体のパワーを上げることはそう簡単にできないのですよ。 そこで私が最近興味深々なのが、「量」のこと!  (もちろんこれは少ないほうがいいです★) ●こちらの内容については~GOOGLEがよくないと考えるサイト同士で相互リンクを大量にする ●こちらは内容が良い(評価が高い)サイト同士の相互リンク~というやり方 普通はどうです・・・・・・・ SEOを主とした相互リンク募集が前提の場合は特に注意して下さい。すべてのサイトが似たようなコンテンツになりやすいからです。 そこで失敗しないためには、事前に内容の良いサイトを作成し、コンテンツの差別化をしておくのが最善策。つまりだ、最初からサイト全体のコンテンツの内容を鑑みて、新規サイトの作成をするということらしい。 (全体を見て下さい。木を見て森を見ず~では駄目だということよ・・・) なぜなら、似たようなコンテンツのサイト同士のリンクに関する~GOOGLEの評価が厳しいからです。 最近のSEOについては、量によって高評価を狙うのではなく、それぞれの‘サイトの内容の質’に注意して下さい。(とにかく、似たようなページはあまり評価されません。) 私が気づいたこと… 相互リンク募集というのは最初の段階でよく考えることです。 無料のブログなどで簡単にできますが~チャレンジしても思うようにいかず失敗してしまうことが多いです~そういう時はすべてのコンテンツを見直してみ

難易度が高いので…その他のサイトへの相互リンク募集…

最近のGOOGLEで評価が高いSEO対策でもあります、意外でしょうが→ 内容の良い「 相互リンク募集 !」のページを作成すること。こちらが全体サイトの最終仕上げとなりますよね。そこらあたりまではわかっていますよ私も。 その他途中経過は抜きにしましてご説明すると、、、、、、 GOOGLE検索エンジンでは、恐らくある程度のSEOまでは良い内容の身内サイトで事足りると言いましょうか、単純です。 ところが最終仕上げではその他のサイトへの相互リンク募集が必要になります。(それ以外にもよりすごいパワーが発生。) それをうまくメインサイトへ送れば、やっと上位達成の可能性が高まるわけです、まとめると。 (これで上位達成の可能性が高まることとならないケースは、この時点での私の限界点でしょう) ところがSEOで気づいたことはそう単純ではないということ… 難易度が高い内容なのでその他のサイトへの相互リンク募集をしてもGOOGLEの順位が上がらない~ 評価も順位も上がらない(パワーが発生しない)ケースが多発しているのですよ。 例えば、その主要キーワードで23位と66位というサイト同士で相互リンクすれば・・・ ①両方順位上昇 ②どちらかが順位上昇 ③両方順位下降 理論的には①or②になるはずでしょう。 例えば、66位のほうが32位になるだとか。 ただし、③の両方順位下降はどのようにご説明されますか? YAHOO!ではこのあたりにSEOの評価のやり方が見え隠れしてるようにも思えるのだが…。 これが難易度が高い…現在の相互リンク募集でもあります。(本来は無料でできるし、これは最強のはずですが注意が必要です。。) さらに、YAHOO!SEOのケースと異なりGoogle検索エンジンでは不自然なリンクで支持するだけ~というやり方をあまり評価しない方向性さえ見せている。 単純ではないと言えよう。 有名な会社のビジネス・サイトならいざ知らず~~ご自身でその他のサイトまで作成するのは難易度が高いと言えよう。。。

さてSEOのやり方として、コストもかからないのは?

どうせならばSEO対策をやる場合は、他力本願にならない方法でやりたいものよ。 でも、普通の相互リンク募集~などというやり方では所詮はお相手あってのものだし、コストをかけられる大企業などに勝てるはずもない。 そこでだが「SEOのやり方で、コストもかからないのは?」 そのページにあるキーワードの位置関係らしい・・・ 私もここが弱小企業&個人サイトが勝てる唯一の方法とも言い切れるので、たっぷりご説明してまいります。 そもそも、GOOGLE検索エンジン側が評価できるのはキーワードの位置関係とリンクのみなのです。 そこで大企業に戦いを挑んでも、YAHOO!などのSEOではどうにもできません。(相手が強すぎて無理でしょう。) それは、仲間のサイトが多いので相互リンク募集などをしなくても済むからだ。SEOのやり方としてはうらやましい一つです~ 要するに最初から出来レースのようなもの♪ なので、残るは恐らくキーワードの関係だとハッキリした。 GOOGLE検索エンジン側は最初に恐らくこちらを評価してるよ。 この『SEOで気づいたこと-相互リンク募集でもあります?』を一例としてご説明します。(誠に恐縮ですが) 見ればわかりますが、、、こちらのサイトのキーワードとしては、[SEO]と[相互リンク募集]が中心ですがその他にもたくさんあります。例えば、[コストがかからないSEOのやり方]とか[ご説明]など・・・ 基本的に最初はこれらそれぞれの量を評価しています。 そして本題のキーワードの位置関係だ。 これに関する内容で、教科書的サイトがあったので紹介しておこう。 ご説明してまいります。 主張したいキーワード、ここまでは誰でも決めきれるが、それ以外の優先順位付けがなされていない。 それとも単純に「SEO」はどうでしょう? もしかしたら「相互リンク募集」が最強・・・ これらの部分をどうとでも評価されるようでは危ういのですよ。 それ以外のやり方はどう?  問い合わせたいGoogle検索エンジン側も。 つまりだ、主張したいキーワードに対しそれ以外がどうなるのかでしたり、優先順位二番手は何なのかを見たいのですよ、恐らく。。

GOOGLE検索エンジンに変わったYAHOO!のSEOで気づいたことをご説明します

SEOというものはYAHOO!とかGOOGLEなどの検索エンジンに限らず、発リンクと被リンクよ。基本であり、そう教えられてきたような気がするが・・・ こちらの情報を紹介します。 現在でも確かに言えること。。 SEOで気づいたことは、相互リンクをし合ってるとか~の部分でしょう。(最新の情報でも評価が高いですから) あとは、主要キーワードの出現とその上下左右~つまり配置のみと大雑把には言えよう。 つまり、YAHOO!とかGOOGLEが順位を決めるときに見るのは、主にリンクとキーワードの二点だけだ。 らくに見えるのは私だけじゃないでしょう。 あっさりしすぎだが、この二点の難易度が高いのですよ。 YAHOO!がGOOGLEに変わった…といっても、こちらについては変わらないが、最近の検索エンジンの主な評価にはサイト内の共起語などがある。 間違いなくページ内のいろいろな情報をよく見ています。  そこで、GOOGLE検索エンジンに変わったYAHOO!のSEOで気づいたことをご説明します! 《発リンク》 これはそのサイトなどにリンクしてる側よ。 《被リンク》 これはされてる側よ。 SEOではすごい重要な被リンク! それに対し、サイトで疎かにされがちな発リンク! なんて覚えればよし♪ 相互リンク募集などにおいてもだ、お相手からどのくらいのパワーが来るかなぁ?(順位がどうなるか?)と気にするのは被リンクですが注意が必要です。ご自身がそもそもサイトでリンクをして評価が下げられているかもしれない?ということを忘れている。 意外なほど発リンクも重要なようですよ。 主要キーワードの出現とその上下左右などを無視してYAHOO!のSEOを進めている皆様方! それは大雑把に進めているのでしょう・・・ それではリンクなどが大量なサイトの一人勝ちですよ。単純な理屈。 そうさせない為には、もうすこし気を遣ってみましょう。(有名な会社などと違い、低コストでやるには、ここまでやらなきゃ!!!) すべてのページが良い内容のサイトがいい!つまりキーワードのSEO対策が必要です。(言わないけど♪) こりゃもう芸術的レベルでご説明が難しい・・・ 私もこちらの内容を知った時は驚愕の一言でした。 キーワードの位置関係を全部割出し、主要キーワードの出現とその上下左右

やはり相互リンク募集が最強なのでしょうか?

SEOでは誰がなんと言おうと 相互リンク募集 であります。いろいろな方法がありますが、その中でも最強なのでしょう。 最近のGOOGLEについては特にそうです。「良い内容(コンテンツ)」という前提ですが~評価は高いです! 一方で、その逆は支持するだけ。(要するに返しのパワーがゼロよ。) ただしこちらメリットもあります。「返さなくてよし!」 発リンクをしているサイト側としての減点要素がありません。つまり評価は変わらない上にサイトの見た目的にも綺麗で済みますしw、これに越したことはないのです、本来。 超有名サイトなどもこれだ。 黙ってても誰かしら支持してくれますし、しかもそのリンクについては増加度に不自然さがない。まさに自然~ということですね。(これは国会議員選挙などと同様でして、知名度UPに比例し増えていく形。) これでよいはずだが~ どうもYAHOO!SEOのケースと異なりGoogle検索エンジンでは支持するだけのやり方を評価しないで嫌うように・・・つまり、GOOGLEではそのページが「良い内容(コンテンツ)」という前提でリンクについて見ている。こちら注意して下さい。。 恐らくだが、リンクのみを評価するやり方だと、相互リンク募集など大量サイト製造機付のSEO!がGOOGLE検索で上位独占してしまうからではないでしょうか。 要するに、サイトやブログを大量所持してるところの一人勝ち~~これは最強・・・・・・・ そこで、「 普通の相互リンク募集 」というやり方がやはり良いと考える私です。 こちら内容に注意は必要ですが… 最強のメリットは、返しのパワーがあるということ。 これがすごい評価なら、支持するだけより相互の効果まであることになるのです。 ただし、要注意点もいろいろありGOOGLEの評価は複雑なのだ・・・ 相互リンク募集についてSEOで気づいたことは、やる時に私のサイト(リンク側)そしてお相手の両ページを考えないといけないということです!!! 貼ったらおしまい~という方々が多いでしょうが、それだけならば比較的らくなのですよ。私のサイト内でお相手の主要キーワードをたっぷりと語ればよいだけ。 ケースバイケースだが、『胃腸薬これで決まり』というサイトに対して~『SEOで気づいたこと』という相互リンク募集でもあればどう??? こちらの内容では最適

発リンクをしているサイト側の順位が関係しないのよ?

前回ご説明したように、最近のSEOでは、発リンクをしているサイト側の順位がそのリンク先へ出るパワーと比例しないケースが多くなってきている。 最近のGOOGLEの評価は厳しい…(これは痛すぎるよ。) 身内サイト全体などを構築した後はこちらを順位上昇させ、そのパワーをメインサイトへ集中させ完結!のはずだが・・・ 発リンクをしているサイト側の順位が好調キープをしており、上位達成の可能性が高まるはずのサイトからのリンクで、そのパワーが最強にならないのは基本理論上考えにくいところだ。これには単純ではないSEOの何らかの仕掛けが見え隠れしていそう。 GOOGLEについて考える私ですが……ここで気づいたことはリンクをしている側のページの順位がイマイチ関係しないのだ。 そこで特に気になったのは・・・↓ 相互のリンクをするとサイト同士の関係性(つまり‘関連度’や‘相性’)が審査され、関連度が薄い場合や、検索エンジンの考えているリンクの内容(相性)がよく無いとプラスアルファの評価にならない。 これは、GOOGLEの考える良い内容のページからのリンクが必要ということ!!! すなわち、関連度や相性の濃い場合のみがプラスアルファの評価~?! ということらしいどうやら。 まとめると、順位の高いページからリンクをしたら順位が下がる可能性・・・・ こちら注意して下さい。

サイト同士で相互リンク募集をしてもすごいパワーが発生しないケース

最近のGOOGLEが、YAHOO!のサイトへのSEOに似てきてると思うのは私だけでしょうか? (相互リンク募集のみで誰でも概ね上位達成の可能性が高まる?!) それに対して、大昔のSEOですが、リンクなどについてあまり評価されない内容がないページへの減点要素のようなものがありました。いよいよ登場ですよ。 まず基本的に、相互リンク募集が最強なのはご存知でしょう。 意味合いとしては・・・ ①新規サイトの立ち上げでのパワーになる ②中途半端なサイト同士でパワーのもらい合い ③最終仕上げとしてメインサイトを第一位にするため ①は新規サイトのケースでして、相互リンク募集と言いましてもまだ新しいので、実質一方向的にパワーをもらうだけです。(育てばお互いにパワーを出します) ②は例えば、中途半端な23位と66位というサイト同士で相互リンクすれば、両方もしくは一方がいよいよTOP10内などを狙える御膳立てが出来る、最終仕上げとしての部分。 ③は②を受けて、完結部分となりましょう。最終的な身内サイトなどからのパワー~♪ あの、SEOで気づいたことの筆頭が相互リンク募集と言いましても②となりましょう! 昔のYAHOO!SEOならば、ここらで②のパワーが効いて来て、あとは③で~♪高順位が付いたものだ。 ところが最近のGOOGLEではここらで順位が伸びきれない。ひどいケースでは両方のサイトの順位下降まである恐怖だ。 逆に考えますと、YAHOO!ではこのあたりにSEOの注意点が見え隠れしてるようにも思えるのだが私は。つまり、相互リンク募集のページ評価が上がらないで失敗してしまうケース… 例えば、上位であるサイト同士では、理論的に両方順位上昇して当たり前のはず。なのに下降してしまう不可思議さだ。 すぐに気づいたことは、リンクをしている側のページの順位があまり関係してないと言うこと。 驚きのアルゴリズムと言えようが、YAHOO!SEOでは不思議でもなんでもなかった。(コンテンツやオリジナリティ重視でしたからね) SEOにおいて、上位であるサイト同士で相互リンク募集をしてもすごいパワーが発生しないケース…は今後検証となろう。 リンクのやり方自体にも注意が必要だが、、GOOGLEにとって良いページ内容に改良すると順位が上がることは間違いないでしょう。(つ