GOOGLE検索エンジンに変わったYAHOO!のSEOで気づいたことをご説明します

SEOというものはYAHOO!とかGOOGLEなどの検索エンジンに限らず、発リンクと被リンクよ。基本であり、そう教えられてきたような気がするが・・・ こちらの情報を紹介します。
現在でも確かに言えること。。 SEOで気づいたことは、相互リンクをし合ってるとか~の部分でしょう。(最新の情報でも評価が高いですから)
あとは、主要キーワードの出現とその上下左右~つまり配置のみと大雑把には言えよう。
つまり、YAHOO!とかGOOGLEが順位を決めるときに見るのは、主にリンクとキーワードの二点だけだ。 らくに見えるのは私だけじゃないでしょう。

あっさりしすぎだが、この二点の難易度が高いのですよ。
YAHOO!がGOOGLEに変わった…といっても、こちらについては変わらないが、最近の検索エンジンの主な評価にはサイト内の共起語などがある。 間違いなくページ内のいろいろな情報をよく見ています。 
そこで、GOOGLE検索エンジンに変わったYAHOO!のSEOで気づいたことをご説明します!

《発リンク》
これはそのサイトなどにリンクしてる側よ。
《被リンク》
これはされてる側よ。

SEOではすごい重要な被リンク!
それに対し、サイトで疎かにされがちな発リンク!
なんて覚えればよし♪

相互リンク募集などにおいてもだ、お相手からどのくらいのパワーが来るかなぁ?(順位がどうなるか?)と気にするのは被リンクですが注意が必要です。ご自身がそもそもサイトでリンクをして評価が下げられているかもしれない?ということを忘れている。
意外なほど発リンクも重要なようですよ。

主要キーワードの出現とその上下左右などを無視してYAHOO!のSEOを進めている皆様方!
それは大雑把に進めているのでしょう・・・
それではリンクなどが大量なサイトの一人勝ちですよ。単純な理屈。
そうさせない為には、もうすこし気を遣ってみましょう。(有名な会社などと違い、低コストでやるには、ここまでやらなきゃ!!!)


すべてのページが良い内容のサイトがいい!つまりキーワードのSEO対策が必要です。(言わないけど♪)
こりゃもう芸術的レベルでご説明が難しい・・・ 私もこちらの内容を知った時は驚愕の一言でした。
キーワードの位置関係を全部割出し、主要キーワードの出現とその上下左右を分析後に最適配置・・・
見せてもらったのは一見馬鹿そうなブログなのですが、そんなこと考えてるなんて。。。

相互リンク募集などやるのは簡単ですが、低コストでやるには、ここまでやらなきゃならないのだと気づいた私。
そうですよね、GOOGLE検索エンジンに変わったYAHOO! SEOで、普通にやって他のサイトに勝てるわけがないのですから。